<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.03.16 Monday | - | - | -
朔太郎からつなぐ連想ゲーム
萩原朔太郎が生まれて120年。
なぜ?一世紀以上前に生まれた詩人のことを、
なぜ?今さら萩原朔太郎のことを思い起こす必要があったのでしょうか?
何を彼から、彼の詩、彼の生涯から僕らが学べるのでしょうか?

実際、僕もいっさい彼のことを、名前以外のことを、
この機会を得るまで殆ど全く知りませんでした。
それでも、今回、彼の本や詩を通し、
彼の生い立ちから彼の日常生活、想い、生涯を見つめて行くうちに、
詩を通して、氏の言葉を通して、
時代は違うにせよ、共感する部分を多く見出していくことになりました。

生涯を通して自分の理想に真っ直ぐで、音楽を愛し
精神の自由を追い求めていた朔太郎はまた、

「されば、我等の思想に於いても七の属和絃が必要であることよ」

と一本調子で平凡な固定概念を嫌い、多様な表現や価値観の必要性を訴えています。

彼が思い描き、夢想した世界を創造できたらどんなに面白いでしょう。
その先にあるのはきっと、想像するに、
大手ショッピングモールやシネコンに代表されるような
画一的で個性の無い商業主義大量生産的な価値観だけでなく、
就職活動だけが学校卒業後の唯一の選択なのではなく、
企業に勤め、自分の時間や人生を会社に預ける他人任せな選択だけでなく、
起業や自営、営農隠遁ヒーローフーテン美楽師アーティスト
という色々な選択肢があること。
様々なライフスタイルを互いに認め合い、支えあえる環境なんだと想うのです。
そこはきっと!?朔太郎のような人間も生きていける、
彼が夢に見た、待ち望んだ環境なのではないでしょうか?

実は最近寂れて廃れたと言われて久しい弁天通りに
若者たちが集まり、お店会社を立ち上げ始めています。
そこに、その若者たちに、他の若者たちが集まり始めています。
何か始まる予感がプンプンする気がするんです。
何でもできちゃう筈なんです。
夢は、寝て見るか?子供時代の遺産って思い返す為だけのものでは無い筈なんです。

萩原朔太郎の生涯を鑑みて考えて、想像してみたら、
そんな風に、浪漫チック?に?イマジネーションが働くのです。

一緒に人生楽しんでみませんか?

やれること、やりたいこと、可能性はたくさんあります。
2006.10.30 Monday | 萩原朔太郎のこと | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2015.03.16 Monday | - | - | -
<< 朔太郎が臨んだ世界、朔太郎が望んだ世界。 | main | 休日の過ごし方・赤城の楽しみ方考 >>
コメント
爆笑でした!!
頂上⇒谷底⇒頂上⇒谷底・・・の繰り返しでした(笑)
お疲れ様♪
| AMANDOO | 2006/11/10 12:41 PM |
お疲れ様でした。弁天タイムスも好評でしたよ。
弁天マルシェで永久保存版にしてみました。
タイムスも記念にダウンロードできます。
| JCT | 2006/11/08 2:34 PM |
ここに完結。

お疲れ様でした
| あらい | 2006/11/06 9:22 AM |
素晴らしい!!! ほとんどゼロからよくここまで書いた。
弁天通りと見事に関連づけているね。永久保存版にすべきだね。
| 栄転記者 | 2006/11/05 6:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://beng-teng.jugem.jp/trackback/42
トラックバック