<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.03.16 Monday | - | - | -
来週末は、白川昌生祀り!!!
来週の週末は毎度お世話になっております、白川昌生まつりです♪

10日からの新前橋駅近くにあるノイエス朝日での個展に始まり、
同日高崎のアートフルカフェ・スロータイムでのトークセッション。

そして翌11日には前代未聞の店主不在でのアートトークインヤーマンズ。

ゲストは2007年のキャンドルナイトでワークショップをして頂いた以来の
美術評論家・福住廉さんをお迎えして

「技能、実践家としてのアーチストの可能性」

をテーマに語っていただきます。

当日店主不在で恐縮な上に個人的にも残念ですが、
僕の代わりに是非!!可能性を消化して、実践してみてください♪

という訳でまとめて見ると、

■10日(金)〜16日(木) 白川昌生展 まえばし妄想2010年@ノイエス朝日
■10日19:00〜21:00@スロータイム(高崎)
■11日16:00〜21:00@ヤーマンズ(前橋)

ということで近頃ワヲカケテ大活躍中の白川さんの動向&言動にご注目下さい♪

以下詳細です↓

★白川昌生展 まえばし妄想2010年

■2010年9月10日(金)〜16日(木)
10:00am―5:30pm(最終日は5:00pm終了)

■会場 ノイエス朝日 スペース1・2

■白川昌生(しらかわよしお)
1948年、福岡県北九州市生まれ。
ドイツ国立デュッセルドルフ芸術大学で彫刻を学び、
ヨーロッパを拠点として国際的に活躍する。
後、群馬に移り住み、場所が持つ記憶や歴史に注目した作品の制作を始める。
1993年、芸術活動団体「場所・群馬」を創設し、
地域に住む多くの美術作家と協働での作家活動を、現在に至るまで展開中である。
また、制度としての芸術をめぐる著作など、幅広い分野で活動している。

■著書
『美術、市場、地域通貨をめぐって』2001年 (水声社)
『美術、マイノリティ、実践』2005年(水声社)
『日本のダダ1920〜1970』1985年(水声社)2005年再販
『フィールドキャラバン計画へ―白川昌生2000−2007』(水声社)
『美術館、動物園、精神科施設』2010年(水声社)

● 9/10(金)美術作家 白川昌生 著「美術館、動物園、精神科施設」(水声社 2800円) 出版記念イベント
*美術作家 白川昌生 著
「美術館、動物園、精神科施設」(水声社 2800円)
出版記念イベントを以下の内容で開催致します。

■会 費:1000円(飲み物付)※要予約(30名程度)
■予 約:027-325-3790(SLOW TIME)
■日 時:9月10日(金)午後7時〜9時
■場 所:Art book shop & Organic cafe = SLOW TIME(高崎市鞘町78-1 2F)
■駐車場:近隣の駐車場をご利用ください。
■内 容:対談、交流会+書籍紹介や販売(ご購入の方にはノベルティ付)

■対 談:田中龍也 氏(群馬県立近代美術館学芸員)
【近年企画した主な展覧会】
・2009年 「群馬の美術1941-2009 〜群馬美術協会の結成から現代まで〜」
・2010年 「酸化したリアリティー 群馬青年ビエンナーレの作家たち」
【その他』
・公募展「群馬青年ビエンナーレ」を2005年から担当('08、'10)

■テーマ:「21世紀アートの流れ」
 職病としてのアーチストは近代社会のなかで生まれたものだが、
ポスト近代と呼ばれる現在では職業の枠を超えたアーチストが出現してきている。
「技能、実践家としてのアーチスト」とよばれるタイプの人たちが
世界中に出てきているようだ。
こうした中で群馬近代美術館の学芸員、田中龍也氏と
21世紀のアートのありかたを語り合いながら、 過去の歴史において
美術館ー動物園ー精神科施設が歩んできた過程にも目を向けてみる。
これからのアートの可能性をさぐる対談になればと思う。(談:白川昌生)

■コーディネート:MAGMA (Click!)
「美術、文化、まちづくりに興味ある人や関係者は必聴、必読です。」


★アートトークインヤーマンズ 福住廉 「技能、実践家としてのアーチストの可能性」

■時間:9月11日(土)16:00〜21:00(交流会含む)

■会場:ヤーマンズ

■会費:¥500(交流会は別途¥1000)

■ゲスト:福住 廉
美術評論家。1975年東京生まれ。
九州大学大学院比較社会文化学府博士課程単位取得退学。
美術出版社主催第12回芸術評論で佳作受賞。『BT/美術手帖』『artscape』『esquire日本版』『共同通信』などに寄稿する一方、
東京の「ギャラリーマキ」で連続企画展「21 世紀の限界芸術論」のキュレーションも手掛ける。
2010.09.06 Monday | ヤーマンズインフォメーション | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2015.03.16 Monday | - | - | -
<< あーすでー群馬 | main | 明日はラフティング >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://beng-teng.jugem.jp/trackback/247
トラックバック