<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.03.16 Monday | - | - | -
インナートリッパーズ
アレほどまで恋こがれて熱望した『旅』を逃した。

もちろん、これからでもマニアうが、

なんとなく気分も逃した。

カッコ良く言えば、
「逃した」というより「逃げなかった」ということだろうか。

そもそも今回の志望動機自体がなんだか不純な気がする。

つまり現実逃避願望ソノモノではなかったのではなかろうか。

最近その手の話をする機会があったので考えてもみると、

そもそも僕にとって『旅』とは何なのであろうか?

と、翌々考えてみたのだが、
どうやらこの数年で全く感覚が変わった事に気付いた。

かつて『旅』とは「好奇心を満たす為に、
知らない土地を独り転々とする事」だった筈だ。

それが今では、
「滅多に会えない知人を巡る機会である」
ことを念頭に考えている。

どうやら旅の楽しみ方が随分変わったようだ。

そして根本的に『非日常』体験である訳で、
どんなに長期間旅を続けたところで日常ではなく、
旅先の人々の日常を、
ふわふわした観点からかいまみる感覚であろうか。

話を元に戻すと、
旅を辞めた理由は、
足元である日常を正す為であり、
自分の足場を固める事が重要であると判断したからであると思う。

それはかつて、
大学での研修先のタイで、
現地で活動する人に、

「わざわざ日本から私の話を聴きに来て、あなたは一体何をしてくれるのか?」

と問われ、答えに窮した上での自分なりの結論であった。

何の当ても、持ちうるものもなく他人の日常を覗きに行くのではなく、
自分自身の確固たる日常を持った上でその人たちに接したい。

と想ったのだった。 

現在ココロザシなかば、土産話もソレほど無い。

とはいえ、
旅はやはり楽しく、
刺激的であるし、
やっぱり行けるに越したことはないね。

要するに、
滅多にいけることもないので、
意固持に屁理屈コネ繰り出して、
行けない理由を考えてるだけなのかもね。

あーあ、
やっぱりどっかふらっと行ってみてーなぁ♪
とみんなの土産話を聞いていて想った訳なのさ。
2008.09.29 Monday | 表現・妄言・狂言 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2015.03.16 Monday | - | - | -
<< 回想日記 | main | 妄想狂時代 >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://beng-teng.jugem.jp/trackback/200
トラックバック