<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.03.16 Monday | - | - | -
馬鹿につける薬は無いらしい
全くもってバカヤローだ。

楽しかった太田の朝から一転、
アレほど公言していた午前中の畑作業をスッポかした。

天気が良すぎた日曜日、
悔しいので店を閉めて白川さんの展覧会に行ってきた。

道中ってほどの距離ではないが、
なんと原チャがガス欠で
橋の上で止まりやがった。

なんてコッタ!
全くもってバカヤローだ。

白川さんと行った牛丼屋は、
効率重視の食料充填作業と言った按配で、
店内の明るさとは裏腹に、ドンヨリとしてみえた。

こんな世の中もバカヤローだ。

きがつけば、
そんなバカヤロー系産業のジャンクフードに、
三日も世話されていた僕もジャンキーでバカヤローだ。

その後、
遅刻で開店という、
いつもの迂濶っぷりに、
全くもって片付いていない惨状を加え、
それにお客さんがゾクゾクという嬉しいハプニングも追加して、
テンヤワンヤのテンテコマイだった。

そう、
その夜は弁天通り青年会と、
弁天商店主一同で大蓮寺合同花見大会なんだ。
そのメニュをつくらにゃならない。

要するに片付かない惨状で
更なるステップを踏むわけだ。

その結果、
翌日な本日今現在にも及んで、
散らかり放題で開店なんてほど遠く、
昨日より酷い惨状を前にして、
呆然とミクシにメールしている僕は、
全くもって本当にバカヤローだと想う。
JUGEMテーマ:夏休み


2008.04.16 Wednesday | 表現・妄言・狂言 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2015.03.16 Monday | - | - | -
<< 暮らしの実験室 | main | 前世はきっと皆兄弟 >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://beng-teng.jugem.jp/trackback/173
トラックバック